ブラックリストって何?

クレジットカードでのキャッシングで返済の滞納をしたことがある方が、最も恐れている物がブラックリストです。

滞納をしたことが無くても、クレジットカード保有者なら1度は聞いたことがあるはずです。

ブラックリストという言葉に対するイメージは様々ですが、実際の定義や存在を見たことがある人はいるでしょうか。

一言で言えば、ブラックリストという言葉は存在しません。

それはどういうことなのでしょうか。

例えば、クレジットカードでキャッシングで審査をする時、カード会社は信用情報機関に借入申込者の照会を行います。

その際、信用情報機関が保有するデータベース化された過去の金融事故履歴から、融資可能な人物かどうかを、自動的に判定しています。

照会にあたって、個人情報を基にして作られた属性をスコア化し、その一定規準に達した人だけが融資を受けることができ、規準に達しなかった人は審査から自動的に漏れてしまいます。

この一連の過程で用いられる判断規準が、ブラックリストに相当するものなのです。

世間一般では、審査が短時間で行われているために、各クレジットカード会社内や会社間でブラックリストが作成されており、そこに自分の名前があるから審査から漏れたと思ってしまいがちです。

しかし、実際には自動的に振り分けが行われているに過ぎません。

但し、審査基準にも含まれているように、過去の延滞情報や金融事項情報に引っ掛かってしまうと、審査上不利になることは間違いありません。

極力、審査から漏れることがないように、普段から注意してクレジットカードを利用しましょう。