空売りとは?

売る商品を持っていないにも関わらずその商品を売る。

そんな不思議なシステムが空売りです。

おもに株式投資でよく使用される手段です。

これでは何のことだかわからないという人も多いでしょう。

つまり、現時点でその商品をもっていないものを、所有することがないまま将来売る契約をするのです。

そして期日が訪れた場合には決済が行われることになります。

手順としてはまず所有していない商品を売り、その代金を手に入れることになります。

たとえば所有していない商品を1万円で売れば1万円が手元に入ることになります。

そして期日が来るまで決済し、その商品を買うことになります。

その際、この商品が値下がりし、8000円になっていれば8000円を支払えばよいわけです。

つまり、その差額2000円が利益として手元に残ることになります。

株式投資では、基本的には将来値上がりが期待できる銘柄をチェックして購入し、株価が上昇したタイミングを見計らって売却し利益を得ることになります。

しかし、これから値下がりすることが予想される銘柄もあります。

そんな場合には高い段階で売っておいて安くなってから買うという手順で取引を行うことによって利益を得ることができるのです。

現物を所有することなく取引をすることから空売りという名称がつけられているこの取引方法。

金融取引をより幅広く行うために欠かせない手法といえるでしょう。

もちろん、リスクが伴いますから十分に把握した上で行う必要があります。

株式市場が低迷している時でも利益を得ることができる魅力的な方法ですから、うまく活用するようにしたいものです。