口先介入とは?

口先介入とはそのままの意味で、実際に市場介入を行うのではなく、情報によってのみ介入することです。

財務省の高官などが、為替の水準がどのように動いて欲しいのかという願望を、市場参加者に向けてアナウンスするというものです。

為替介入の姿勢を見せるだけでも市場に影響を与えることから、口先介入が成立します。

口先介入は、本来禁じ手ともいわれているようなものです。

為替市場は変動相場であるため、本来なら政府関係者や中央銀行関係者が、それに対して言及することは推奨されません。

しかし極端な値動きや水準に進む可能性がある場合に、このようなアナウンスをすることがあります。

為替市場は一国のものだけではないので、場合によっては複数の国が協調して、口先介入をする場合もあります。

海外ではともかく、日本において口先介入は度々行われています。

市場参加者には、このような政府筋のコメントに注目している人が多くいるため、有効な方法なのです。

口先介入は有効な方法の1つですが、必ずしも政府の思惑通りに動くというものではありません。

情報を流しているだけなので、実際に介入しなければ、どのような方向に動くかはわからないからです。

しかし介入資金を使うことなく、市場介入できる可能性がある方法なので、口先介入が使われます。

情報に踊らされすぎるのも問題ですが、こういう情報をチェックすることで、チャンスが得られる場合があります。

情報のアンテナは伸ばし続けておきましょう。