トップページ > おまとめローンとは複数社から借り入れ

おまとめローン受かりやすいのは?個人事業主でも借りれるおまとめローン

受かりやすいおまとめローンってあるのでしょうか?個人事業主や自営業でも借りやすいおまとめローンを分かりやすく解説します。
フレーム上

おまとめローンとは複数社から借り入れ

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

審査が通りやすいおまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行の審査が通りやすいおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

審査が通りやすいおまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融よりも銀行の審査が通りやすいおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミス審査が通りやすいおまとめローンという商品名のローンがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットばかりが強調されるおまとめローンですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

通常のカードローン審査と同じように審査が通りやすいおまとめローンにも審査がありますが、借入件数が多いほど審査は不利になります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

埼玉りそな銀行には審査が通りやすいおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンの審査でつまづいている人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが審査が通りやすいおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額は、審査が通りやすいおまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 おまとめローン受かりやすいのは?個人事業主でも借りれるおまとめローン All Rights Reserved.

ページの先頭へ