トップページ > 審査が通りやすいおまとめローンは複数の借入れを1

おまとめローン受かりやすいのは?個人事業主でも借りれるおまとめローン

受かりやすいおまとめローンってあるのでしょうか?個人事業主や自営業でも借りやすいおまとめローンを分かりやすく解説します。
フレーム上

審査が通りやすいおまとめローンは複数の借入れを1

審査が通りやすいおまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

審査が通りやすいおまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行の審査が通りやすいおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

多重債務者の為に提供されている審査が通りやすいおまとめローンですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

良いことばかりのようなイメージの審査が通りやすいおまとめローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行の審査が通りやすいおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

審査が通りやすいおまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが審査が通りやすいおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますから審査が通りやすいおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

審査が通りやすいおまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融業者には審査が通りやすいおまとめローンを用意しているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

審査が通りやすいおまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は審査が通りやすいおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですので審査が通りやすいおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 おまとめローン受かりやすいのは?個人事業主でも借りれるおまとめローン All Rights Reserved.

ページの先頭へ