トップページ > おまとめローンは多重債務者が借入先

おまとめローン受かりやすいのは?個人事業主でも借りれるおまとめローン

受かりやすいおまとめローンってあるのでしょうか?個人事業主や自営業でも借りやすいおまとめローンを分かりやすく解説します。
フレーム上

おまとめローンは多重債務者が借入先

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

審査が通りやすいおまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

審査が通りやすいおまとめローンのサービスがある金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけで審査が通りやすいおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行の提供している審査が通りやすいおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンはローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

審査が通りやすいおまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンの審査落ちした人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスには審査が通りやすいおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんが審査が通りやすいおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており低金利な上に来店不要という点も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

審査が通りやすいおまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

金融機関の中には審査が通りやすいおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 おまとめローン受かりやすいのは?個人事業主でも借りれるおまとめローン All Rights Reserved.

ページの先頭へ